酒米のお米の絶滅種と復刻種

酒米としてつくられているお米には多くの種類があり、『絶滅』したりまたそれが『復刻』されているケースもあります。古くからごくごく一般的な酒米としてつくられていた品種については、昭和に入ったころに精米の技術が大きく変化こと、また戦時体制下といったことで国の政情が不安定になったことなどによって絶滅したお米も少なくはないのです。それでも種籾、籾殻といったものが残っていた品種については、近年バイオテクノロジーが進化したことなどもあって再び育てられ始め、日本酒の醸造に使用することのできるまでの量となったことから復刻された『復刻米』になっているものもあります。『強力』(ごうりき)、『穀良都』(こくりょうみやこ)、『渡船』(わたりぶね)など、多くの種類があります。


個別指導 高校受験

デュプリケーター 価格

盗聴調査

K-POP CD

不動産管理会社 埼玉